営業外費用と特別損失を多く計上して節税する3つの方法

前回の記事「銀行評価を下げずに節税できる減価償却費を増やす具体的な3つの方法」では、銀行評価を下げずに節税をするために減価償却費を大きく計上する方法をご紹介しました。

「会社の売り上げを上げて利益は上げたい、でも税金は払いたくない。」と経営者の方であれば皆さん同じようにお考えなのではないでしょうか。

実は、本業の利益=営業利益を上げると銀行の評価は上がりますので資金繰りがよくなります。そして、法人税の課税対象となる経常利益は下げても銀行評価に影響が出ません。

ではどうすれば営業利益を上げながら経常利益を下げられるのでしょうか。

その結論は、「営業外費用・特別損失」を増やすことです。
今回の記事ではこの「営業外費用・特別損失」を増やす3つの方法を具体的に解説していきます。

最後に、あまり世間では知られていないテクニックもお伝えしますので是非最後までご覧いただければと思います。

続きを読む

スコアリングの仕組みと銀行評価を下げずに節税する3つの方法

節税研究会のモットーは、
①法人・個人のキャッシュを増やすこと
②銀行からの評価を高めること

この2つの視点で節税を行うことです。

節税をすることで利益が減少するので、資金繰りに困ったときに銀行から借り入れができなくなってしまうかもしれない。そんな不安を抱えながら節税をしてほしくありません。

そこで、銀行の評価が高まり、法人の税金を軽減させながらも借り入れで有利な条件に持ち込めるような節税手法をご紹介していきます。

続きを読む