在庫の処分による処分損・廃棄損を計上して節税をする3つの方法

決算対策の中で、条件がそろえば優先してほしい節税の1つが「在庫の処分による処分損を計上すること」です。

決算対策では現金を使わずに、損金を作り、現金(流動資産)の比率を高めて資金繰りを改善できることが理想です。

この記事でご紹介する「在庫の処分による処分損を計上すること」はまさに現金を使わずに損金を作ることが可能な手段です。

ここからはこの「在庫の処分による処分損を計上すること」を3つの方法に分けてご説明していきます。

続きを読む

在庫の処分による処分損を計上することで節税を行う3つの方法

経営者の皆さんは、会社に当面販売の見通しの経っていない在庫を所有してはいませんか。

決算対策を行う上で、なるべく資金を使わずに損金を計上したいと考えている経営者の方は多いですが、まさにこの「当面販売の見通しのない在庫」を処分することで、それが実現できます。

ただし、在庫の処分には3つの方法がありますので、それを1つ1つ具体的に説明していきます。

  1. 決算セールによる在庫の処分
  2. 商品評価損による損金計上
  3. 商品の廃棄による在庫の処分 続きを読む

資本金の見直しによる節税のメリット・デメリット

経営者の方にとって、資本金は会社の1つのステータスとお考えの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、節税をしようと考えるときには、資本金は少なければ少ないほど税制上有利になっているということをご存知でしょうか。

実は期末日時点の資本金や資本金等の金額によって税額や税率が変わる場合があります。

個別には色々な条件がありますが、資本金又は資本金「等」の額が少なければ少ないほど節税が出来るようになっています。

今回は資本金を見直すことで法人税の節税を行う方法を具体的に説明していきます。

続きを読む